スポンサーリンク

せどりとは?やり方・種類・メリット・デメリット・仕入れ先・販売先

※本記事は、情報を更新するために、編集中です。

せどりとは

せどりは、仕入れた商品を売って利益を出す、いわゆる物販ビジネスの一種です。

一般的に、エンドユーザー向けに販売されている商品を購入し、転売する手法をせどりといいます。

せどりのやり方

せどりの基本的なやり方は「集客→仕入れ→販売」です。

これで1サイクルが完成。どれだけ小さくても、まずはこの仕組みを完成させる所からスタートです。

仕入先は街の店鋪、ネットショップ、ネットオークション、フリマアプリ、問屋や商社、メーカー、買い取り、無料引き取りなど。今や海外からの輸入も簡単になり、仕入れ場所は無限にあります。

販売先も

  • 大手オンラインモール(Amazon、楽天市場、ヤフーショッピング、など)
  • オークションサイト(ヤフオク)
  • フリマアプリ(メルカリ、ラクマ、オタマート、ZOZOフリマなど)
  • 自社ECサイト
  • 店鋪販売
  • 移動販売

など様々です。

せどりの利益構造

せどりの利益は次の2ヶ所から発生します。

  • 商品の仕入れ価格と販売価格の差益
  • 商品に付けた付加価値

常に最安価格で売っていれば、商品自体の差益しか得られません。何かしらの付加価値をつけることで、同じ商品でもより高く販売でき、利益を底上げできます。

せどりの構造

せどりは大きく分けて次の5つの構成要素からなり、それぞれの要素の中に様々なノウハウやテクニックが含まれています。

  • リサーチ
  • 仕入れ
  • 販売
  • 作業自体の効率化
  • システム化/組織化

5つの構成要素全てをバランスよく向上させて行くことで大きな利益が得られるようになります。

せどりの種類

仕入れスタイルによる分類

店舗せどり

その名の通り、店舗に足を運び、目の前の商品をリサーチして仕入れる手法です。

電脳せどり

ネットショップやネット卸、フリマアプリなどで仕入れネットで販売します。代行業者やスタッフ雇用、様々なソフトを駆使して家から一歩も外に出ずにせどりを完結させる仕組みをつくることも可能です。

仕入れる商品の状態による分類

新品せどり

新品の商品を仕入れ、販売する手法です。新品の商品を安く仕入れる方法を考える必要があります。

中古せどり

中古品を仕入れ、販売する手法です。中古品を扱っている場所は限られているので、仕入先は新品より狭くなります。

商品の状態をチェックしたり検品に手間がかかる代わりに、仕入れ値が安い場合が多く、利益を出しやすいです。

商材としての分類

古本せどり

最もポピュラーな手法で、多くの実践者がここからせどりを始めます。僕も最初は古本せどりから始めました。

CDせどり

近年は音楽をデジタルデータでダウンロードすることが主流になったため、CD市場はかなり縮小傾向にあります。しかし、その分ミュージシャン側も特典映像付きなどCDの特典を豪華にしているため、定価を遥かに超える相場で取引される「プレミア商品」も多くあります。

DVD/ブルーレイせどり

CDと似ており、データというよりも、特典付きBOXなどプレミア商品が多いジャンルです。

ゲームせどり

テレビゲームの本体やソフト、周辺機器を仕入れ、販売します。ゲーム商品は売れるのが非常に早く、売れ残りリスクが低いので、始めやすいジャンルです。

ホビーせどり

フィギュアやおもちゃなどを仕入れて販売します。ユーザーのマニア度が高く、特に中古品だとクレームが多い傾向にあるので、検品や動作確認が重要です。

全体的に価格の高い商品が多く、利益は出しやすいです。

家電せどり

電化製品や、雑貨を仕入れて販売します。家電量販店は今や何でも売っているので他のジャンルも同時に仕入れることが可能です。

せどりのメリット

利益率の高さ

せどりは非常に利益率の高いビジネスです。ちなみに僕が古本せどりをやっていた頃は、利益率40%程度でした。

参入しやすさ

せどりは特別な能力や大きな資金が必要ないので初心者が始めやすいビジネスです。

ただ、もちろんしっかりと取り組まなければ利益は出ません。甘い考えで参入する人が多数なので、1年続く人は多くありません。

リスクが低い

大きな資金が必要ないので、金銭的なリスクは非常に低いです。あらかじめ利益が出るかどうかリサーチしてから仕入れる為、在庫リスクもコントロールすることができます。

即金性が高い

せどりは売上が現金化するのが非常に早いビジネスです。キャッシュフローが安定しやすく、黒字倒産のリスクも低いです。

時間の自由度

せどりは決まった時間に取り組む必要がありません。好きなときに好きなだけ行えばよいのでライフスタイルに組み込みやすく、副業にもおすすめです。

仕入れ、納品、出品、発送などあらゆる作業で代行サービスがあり、うまく使えば一歩の外に出ることなく稼ぐことができます。

僕も出品代行サービスや発送代行サービスを利用しています。

商品を自分で使える

中古品の場合は売れるまで商品を自分で自由に使えます。選ぶジャンル次第では趣味と実益を兼ねることが可能です。

発展性

せどりは次に繋げやすいビジネスです。せどり自体を拡大していくことも、せどりの関連分野に広げて行くことも可能です。

せどりのデメリット

肉体的限界がある

せどりは肉体的な労働なので限界があります。単価の高い商品を扱ったり、外注業者を使ったりして限界を突破する必要があります。

しかしどちらもお金がかかる事なのでリスクは伴います。

資金が必要

そこまで大きな資金は必要ありませんが、出店手数料や備品が必要ですし、最初にある程度商品を揃える必要があるので、資金は豊富なほど良いでしょう。

一文なしではせどりを始める事ができません。

他者に依存するビジネスモデル

せどりは仕入先と販売先の動向に大きく左右されるビジネスです。

常に新しい手法を開拓するなどリスクヘッジが必要です。

せどりに向いている人

定期的な収入がある(本業がある)

せどりは月々の利益が不安定なビジネスなので、安定収入のある人の副業として非常におすすめです。

本業で取り組む場合は、収入の不安定さを受け入れた上で「高い収入レベルで不安定」という状態を目指す必要があります。

行動が早い

せどりですぐに稼げる様になる人は例外なくフットワークが軽いです。

あれこれ考えこんで手が動かない人よりも、トライ&エラーでどんどん行動する人の方が向いています。

仕入れに行ける店が多い

都会に住んでいたり、長距離の移動が苦にならない場合は仕入れに行ける範囲が広いので有利です。

不便な所に住んでいる人は電脳せどりで勝負しましょう。

せどりに向いていない人

投資ができない人

せどりは仕入れの他にも、勉強やツールにしっかりと投資しなければ稼げません。

その代わり、必要なものにきちんと投資すればそれ以上の利益が「ほぼ間違いなく返ってくる」超優良なビジネスです。

副業なら最低でも月5万円の利益、専業なら月30万円の利益は堅いです。

もちろん資金や時間をかけて、さらにテクニックも向上すれば限界はもっともっと上なので頑張る価値があります。

ちなみに投資すべき対象は次の3つです。

  1. 基礎教材:(基本的な知識、ノウハウの習得)
  2. ツール(ビームや出品管理ツールなど)
  3. 経験者によるサポート(成長スピードが格段に上がります)

サービス精神がない

せどりはお客様を相手にするビジネスですから、そもそもサービスするという気持ちがないと成立しません。

サービス精神のなさは作業のあらゆる所に現れるので、お客様にすぐ見破られます。

そうなるとお客様は離れていくので稼げなくなります。

せどりの仕入れ先

せどりの仕入れ先は商材によって多岐に渡ります。

仕入れる事ができればどこでもよいので、固定観念に囚われず様々な角度からアプローチすることが重要です。

代表的な仕入れ先は中古販売店や家電量販店、ドラッグストアなどですが、それ以外にも仕入れることが出来る場所は無限にあります。

せどりの販売先

せどりの販売先も自由に決めることができます。

アマゾンやヤフオクだけに囚われず、幅広い販売先を確保すればライバルとの競争をする必要がありません。

せどりの具体的な作業手順

実際の作業は次の順に進めます。

マインドセット

最低限のビジネスマインドと稼げる思考パターンというものを体に染み込ませます。

目標設定

行動した結果を客観的に分析するために、目標を設定しておきます。

目的は修正しても良いので必ず作成します。

リサーチ

参入ジャンル、ライバル動向、仕入れ先店舗の情報などを適宜リサーチします。

リサーチで利益のほとんどは決まります。

仕入れ

短時間で、より多く見込み利益のとれる仕入れを行います。

精神論ではなく理詰めでテクニックを駆使して仕入れていきます。

クリーニング・検品

利益を直接生む作業ではないので、必要な作業をいかに短時間で、かつ安く終わらせる事を徹底します。

出品

後からの作業を楽にする事を念頭に作業を行います。

ツール使った方が速いです。

梱包・発送

無駄なく・素早くが基本です。

直接お客様の目に触れる作業なので手を抜かないように注意します。

顧客対応

顧客対応は時間が取られる割に全く利益に繋がらない作業です。

何よりも「問い合わせが発生しない」ようにする事が重要です。

やむを得ず発生した問い合わせには迅速かつ冷静に対処します。

データ分析

行動の結果得られたデータを客観的に分析して行きます。

どの行動がよかったのか、逆にどの行動が足を引っ張っているのかを明らかにします。

戦略策定

データ分析で明らかになった事を次の戦略に落とし込みます。

これをやらないといつまでも成果の出ない行動を繰り返す事になります。

せどりはもう稼げない(飽和した)のか

あり得ません。

僕がせどりを始めたのは2012年の段階でも、せどりは飽和したのでもう稼げないと言われていました。

2012年と比べて、せどりは細分化しました。

  • ゲームせどり
  • ホビーせどり
  • 家電せどり
  • 輸入・輸出(米国・欧州・中国など)

など様々なジャンルに分かれているので、ライバルは分散しています。

店舗に仕入れに行っても、最近は簡単に仕入れられているので、2012年のほうが圧倒的にせどりのライバルは多かったです。

Eコマース市場は年々拡大しています。

需要が拡大していて、むしろ事業者サービス提供が追いついていない状態です。

などせどりが飽和したという結論に至るのか謎です。

仮に市場の変化で今稼げている1つの手法が廃れても、必ず新たに稼ぐための手法が生まれるので心配はありません。

世の中に「モノ」があり、「モノ」を欲する人間がいる限り、せどりが消滅することはあり得ません。

error: Content is protected !!