【特典付きレビュー】プライスターはいらない?僕が愛用している理由

プライスター レビュー

初心者れいじ
せどり初心者

プライスターってツールがあるみたいだけど、

これを使えば稼げるのかなぁ。

料金がかかるし使うか悩むなぁ。。。

 

れいじです。

Amazonに出店しても、ライバルだらけで、なかなか売上をアップさせるのは難しいですよね。

商品リサーチに仕入れ、販売、発送、価格改定、レビュー獲得、などやる事がてんこ盛りです。

特に1人で運営しているなら、全ての作業を完璧にこなすには、時間的に限界がありますよね?

僕も1人で運営しているので、Amazon販売には、プライスターというツールを使っています。

プライスターを使うと、出品登録や価格改定の作業が大幅に効率化できます。

また、プライスター利用者だけが使える「プライスター急便」というサービスで、FBAに安く納品しています。

僕にとってプライスターは、Amazon販売に欠かせないツールですが、新しくツールを導入する際はかなり迷うのが普通だと思います。

そこで、長年の愛用者である僕が、「あなたがプライスターを利用すると何が得られるのか」をお伝えします。

僕から申し込んでくれた方には、特典もお渡ししています、

ぜひ最後までお読みください。

プライスターを使ったきっかけ

プライスターを使い始めたのは、それまで使っていた価格改定ツールの運営会社が倒産したからです。

僕がAmazonで売っている商品は、一般的な型番商品ばかりで、かつ新品が中心です。

そのため、ライバル出品者との値下げ合戦はつきものです。

Amazonは、カートボックス獲得価格から離れた途端にさっぱり売れなくなります。

売れなければ1円も儲かりませんから、価格改定は出品した後の最重要作業でした。

ただ、毎日価格改定に時間をかけるのは、非効率だと思っていたので、せどりを始めた当初から様々な価格改定ツールを試していました。

安いツールは、価格の反映に時間がかかったり、商品ごとに細かい設定ができませんでした。

月額1万円以上する高額ツールも試しましたが、画面のデザインが使いにくかったり、意外と柔軟な設定ができなかったり、どうもしっくり来るツールがありませんでした。

このように、様々なツールを試す中でたどり着いたのがプライスターでした。

過去のメールを見返すと、2014年から使い始めていたようです。

プライスター

プライスターを使用した感想

プライスターはただの価格改定ツールではなく、Amazonでの販売に必要な作業の大部分を効率化できます。

具体的には以下の作業です。

  • 商品のリサーチ
  • 商品の出品登録
  • 商品の発送(自己発送の商品)
  • 商品のFBA納品
  • 商品のFBA発送
  • 商品の価格改定
  • 購入者からのレビュー獲得作業
  • 売上の分析
  • 経費の自動計算

プライスターを使い始めて7年目ですが、ツールは年々進化しています。

下の画像のように、新しい機能が随時追加され、どんどん使いやすくなっています。

プライスター

サポートも良いため、Amazon販売を続ける限り、僕は今後もプライスターを使い続けます。

ただ、僕は実際に使っているから、これらのメリットを実感できるのであって、まだ使っていない場合は、デメリットについても詳しく知ってから検討したいと思いますよね。

そこで、まずは「プライスターを使う必要がない人」について説明し、その後デメリット、メリットをお伝えします

デメリットを知って、それを上回るメリットが得られるか、をよく検討してください。

プライスターを使う必要がない人

あなたが以下に当てはまる場合は、プライスターを使う必要がありません。

1:Amazonに「小口出品」で出品している場合

プライスターを使うには、Amazonで大口出店者または、出店型出品者として登録する必要があります。

あなたが現在小口出品者として登録していて、今後も小口出品者のまま販売していく予定の場合は、物理的に使えないので、プライスターは必要はありません。

2:出品している商品が自社のオリジナル商品の場合

あなたが自社のオリジナル商品を販売している場合は、ライバル出品者が同じ商品を出品してくることはなく、価格改定を頻繁に行う必要はないため、プライスターは必要はありません。

プライスターには様々な機能がありますが、あくまで価格改定が一番のメイン機能です。

価格改定以外の機能を使うためだけに、月額料金を払うのはもったいないです。

3:出品している商品がプレミア商品などレア商品の場合

あなたのメイン商品が、「プレミア商品」や「レア商品」など、商品自体が希少で、高く値付けをしようが買う人は買う、という場合は、ライバルとの価格競争とは別次元の話となるので、プライスターで価格改定を行う必要はありません。

=============

さて、あなたがこれらに当てはまらなければ、あなたは、「プライスターのメリットとデメリットを比較して、利用するか検討する必要がある人」ですから、続きをお読みください。

プライスターのデメリットは大きく3点

プライスターのデメリットは大きく分けて以下の3点です。

  1. 利用料金
  2. ツールの安全性
  3. その他の負担

それぞれについて補足説明します。

デメリット1:料金

プライスターの料金は月額5,280円(税込)です。

「月額料金」ですから、プライスターを使うことで、料金以上のメリットが毎月得られるかどうか、が大切です。

僕は毎月料金以上のメリットを十分に得られていると感じるので、契約しています。

利益がまだ少ない人にとっては、料金が負担に感じると思いますが、利益が増えてもプライスターの料金は一定なので、利益が大きくなるほど、プライスターは割安になります。

したがって、

  • 早い段階でプライスターを導入して、作業を効率化する
  • 空いた時間を仕入れに投入して、出品商品を増やし、どんどん利益を伸ばす

これが、必勝パターンだと考えています。

規模が大きくなれば、月額5,000円程度の料金など、全く気にならなくなります。

デメリット2:ツールの安全性

安定したストア運営の観点から、ツールの安全性は誰もが気になるところでしょう。

特に、価格改定がきちんと指示した通りに稼働するかは、最重要です。

数年前、とある価格改定ツールが動作不良を起こし、出品中の商品を全部1円に改定してしまうという、シャレにならない事故が実際にありました。

(僕はプライスターを使っていたので助かりました。)

プライスターはその点、一度もそのような深刻な動作不良はありません。

また、いきなり利用していたツールがサービス終了したり、運営会社が倒産すると困ります。

ツールを乗り換えても、操作は覚え直しですし、全ての商品の値付けを新しいツールに入力し直さなければなりません。非効率だし、ただただ面倒です。

僕の経験だと、前のツールからプライスターに移行したとき、4,000点ほど商品があったので、価格登録のやり直しで死ぬかと思いました。

その点、プライスターはリリースから10年間経った現在もサービスを継続しており、継続利用者が2021年現在で1万人以上もいます。

いきなり業績不振で倒産することは考えにくいです。

さらに、プライスターは、Amazon公式からも、推奨ツールとして認定されています。

このことからも、ツールの継続性・安全性はかなり高いと考えられます。

プライスター

デメリット3:ツール設定の手間

プライスターを利用するには、あなたのAmazonの出品情報をプライスターに取り込むための、接続作業が必要です。

ごくまれに、この作業のやり方が分からないので、ツール類は一切使いません。という人がいますが、個人的に、そこまで難しい作業とは思いません。

プライスターにマニュアルもあるし、Amazonで出店、販売ができているだけのスキルがあれば、こちらの設定も問題なくこなせるはずです。

プライスターの7つのメリット

プライスターを使うメリットはたくさんありますが、代表的なものを紹介します。

  1. インストール不要。PCでもスマホでもMacでもつかえる
  2. 出品が簡単
  3. 高機能な自動価格改定
  4. 売上、利益率の自動計算
  5. レビュー獲得が自動でできる
  6. FBA納品時の送料が安いプレイスター急便が使える
  7. 無料で30日間試せる

メリット1:インストール不要。PCでもスマホでもMacでも使える

プライスターは、WEB上でログインして使うタイプのツールです。

ですから、ソフトをPCにインストールする手間がありません。

そして、1台のPCからだけでなく、別のPCからも、スマホからもログインできます。

PCを買い替えても、ログインするだけでそのまま使い続けられます。

せどり用のツール類は、Windowsのみ対応のものが多いですが、プライスターはMacにも対応しています。

契約者だけが使えるプライスターのスマホアプリも、iPhone版と、Android版があります。

メリット2:出品が簡単

プライスターは画面のデザインが見やすく、Amazonセラーセントラルから出品するより、素早く出品作業が行えます。

商品説明文も、商品カテゴリーごとに、さらにコンディションごとに分けてもテンプレート文を設定できますから、あらかじめ設定しておけば、入力の手間も省けます。

しかも、出品してからFBAに納品するまでの一連の作業も、すべてプライスター上で行えます。

出品登録作業はプライスターで行った方が時間の短縮になります。

メリット3:高機能な自動価格改定

数ある価格改定ツールの中でも、プライスターの価格改定はかなり高機能です。

1度設定すれば、24時間自動で価格改定し続けてくれるのはもちろん、商品ごとに別々に上限価格や下限価格も設定できるので、「安く売りすぎた」「高く値付けされすぎて全然売れない」という事はありません。

さらに。「FBA状態合わせ」「FBA最安値」「カート価格に合わせる」「カスタム価格」など、多くのワンクリック価格設定モードもあるので、全てあなたの思う通りの値付け設定ができます。

メリット4:売上、利益率の自動計算

プライスターでは、非常に見やすい売上分析画面を使うことができます。

Amazonセラーセントラルでは、売れたときに、その商品でいくら利益が出たのかがさっぱり分かりませんが、プライスターでは、出品するときに仕入れ価格を入力しておけば、売れたときにいくら儲かったかが自動で計算、表示されます。

売上を日別、月別や、カテゴリー別などにもワンクリックでグラフ化できるので、仕入れ計画や販売計画に大いに役立てられます。

メリット5:レビュー獲得が自動でできる

個人的に、Amazon初心者で売り上げが伸びない人の多くが、レビューの重要性を軽視していると感じています。

Amazonでは、レビューがない、少ないストアの商品は全然売れません。

Amazonに出品して、まず最優先で行う作業は、死にものぐるいで良いレビューを集めて、「売れるストア」の状態をいち早く作ることです。

何もしなくても勝手にレビューがつくのは、100個商品を売って、せいぜい1~5件程度でしょう。

そこで、プライスターでは、売れた商品に対して、お客様に「サンクスメール」という、レビューをリクエストするメールを自動で送る機能があります。

あらかじめテンプレートに入力されている文面もよく練られているので、そのままでも問題ありませんし、文面をあなた好みにカスタムすることも、もちろんできます。

これで、レビューが集まるスピードが圧倒的に上がりますし、ツールが自動でメールを送ってくれるので、手間はありません。

つまり、あなたのストアがより早く「売れるストア」へと変わり、どんどん稼ぎやすくなります。

このサンクスメールを送るだけの月額有料ツールもあるほどですが、プライスターなら、追加料金無しでこのサンクスメール機能が使えます。

メリット6:FBA納品時の送料が安いプライスター急便が使える

Amazonでは、FBA販売の商品が圧倒的に売れやすいので、基本はFBA販売をおすすめします。

ただし、FBA販売だと、AmazonのFBA倉庫に商品を納品する必要があり、送料がかさみます。

大きな商品だと、ダンボールに少ししか入りませんから、箱数が増えて、納品の送料で利益がどんどん削られていきます。

なるべく送料を安く済まそうとしても、運送会社と特約料金の契約を結ぶには、毎月かなりの量の荷物が必要で、小規模な出品者では難しいのが現実です。

しかし、プライスター利用者だけが使える「プライスター急便」というサービスがあります。

プライスター急便をなら、160サイズまで980円~という破格の送料でFBA倉庫に納品できます。

僕もこのプライスター急便を使って、送料を大きく節約できています。節約できた送料はもちろんあなたの利益となります。

プライスター急便は、佐川急便が集荷に来てくれるので安心ですし、宛名書きの必要もなく、料金もプライスターの月額料金を支払うクレジットカードから自動で決済されるので、支払いの手間もありません。

プライスター急便

メリット7:無料で30日間試せる

どんなツールでも、実際に使ってみなくては、その良さ、悪さを理解することはできません。

有料ツールでも、お試し期間が1週間しか無かったり、お試しだと機能が制限されている事がよくあります。

しかし、プライスターは、30日間無料で全ての機能をフルに使い倒すことができます。

無料期間の間に解約すれば、1円もかかりませんし、解約も簡単にできます。

解約方法をわざと分かりにくくしている悪質なツールもありますが、プライスターはそうではありません。

【れいじの特典付き】プライスター入会ページはこちら

他のユーザーの口コミ

【れいじの特典付き】プライスター入会ページはこちら

プライスターを使って、時間にゆとりが生まれました

ツールを使う前は、全ての作業を自分ひとりでやっていたので、時間がなく、月商が全然増えませんでした。当時は店舗で仕入れていたので、出品作業や価格改定が増えると、仕入れに行く時間が削られるばかりだったからです。

一時期、スタッフを雇って事務所を借り、組織的にせどりを行っていたこともありました。

しかし、これはこれで人件費、事務所経費がかさみますし、給与計算や労務管理など、必要だけれども面倒な事務作業がかなり増えます。

また、スタッフに今後も毎月給料を払い続けていけるのか、という不安でかなりストレスを感じていました。

しかし、今はプライスターやAmazonのFBAサービスなど、ツールや外注を活用することで作業が格段に効率化され、自分のペースで仕事ができており、かなりゆとりが生まれました。

せどりで自由になりたかったのに、毎日忙しく作業に追われているせどらーさんは多いです。

副業の方など、本当にいつ休んでいるのか心配になる方も見かけます。

それでは、いつか体を壊しますし、長続きしません。

僕は今では、オンライン仕入れオンリーなので、せどりにかける時間はせいぜい1日に1~3時間程度です。自宅兼事務所ですから、通勤時間もゼロでノーストレスです。

Amazon販売は、ほとんどがFBAですから、予定がある日はいつでも好きに休めます。

あなたにもこのようなゆとりを持ちながら稼ぐ生活を手に入れてください。

プライスターがそのきっとその一助となります。

【れいじの特典付き】プライスター入会ページはこちら

プライスターを安く買う方法

プライスターの申し込みは公式サイトからのみとなり、割引で買う方法はありません。

申し込みから30日間は無料で、2ヶ月目以降は5,280円(税込)です。

れいじからの紹介特典

Amazon

僕の紹介でプライスターにご入会頂いた方には、特典として、Amazonギフト券(1,000円分)を進呈いたします。

美品購入などに役立てていただければ幸いです。

このページにいくつかある、赤い「【れいじの特典付き】プライスター入会ページはこちら」のボタンをクリックして、お申込みください。

ご注意:特典のお渡し時期について

特典は、プライスターに入会して無料期間が終了した後、初回の月額利用料が課金されたタイミングで、受け取ることができます。

特典の請求は、プライスターの管理画面から行います。以下のページで詳しく解説されています。

アフィリエイト紹介特典を受け取りたい | プライスターの使い方ブログ

【れいじの特典付き】プライスター入会ページはこちら

まとめ

ここまで色々と話してきましたが、Amazon出品では、価格改定は必須作業です。

単純作業はツールにまかせて、あなたはもっと価値のある仕事をしなければ、ライバルがどんどん参入してきますし、全然稼げません。

あなたの大事な商品を、24時間・365日最適な価格に改定し続けてくれる、超有能なスタッフを雇うのにはいくらかかるでしょう?

プライスターなら、その作業を毎月5,280円で文句ひとつ言わず、正確こなしてくれますよ。

【れいじの特典付き】プライスター入会ページはこちら

テキストのコピーはできません。