せどりとはどういう意味なのか?

せどりとは

せどりとは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。(出典:三省堂大辞林、ウィキペディア)

辞書だと、このように分かりづらい表現なので、もう少し簡単に説明します。

せどりとは、仕入れた商品を売って利益を出す、物販ビジネスの一種です。

その中でも特に、一般消費者向けに販売されている商品を購入し、転売する手法をせどりといいます。

せどりの元の意味は、「転売業者が古本屋で本の背中のタイトルを見て、買う本を選んだこと(背取り)」に由来しているとされています。

しかし、現在では古本に限らず、商品が何であれ、一般消費者向けに販売されている商品を仕入、転売して利益を得る行為の事を、広く「せどり」と呼んでいます。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました