【Amazon】返品リクエストへの対応方法

自己配送で商品を販売していると、お客様から返品リクエストが来ます。

FBAとは異なる対応が必要なので、注意しましょう。

はじめに

FBA販売であれば、返金・返品の手続きは全てAmazonが行ってくれます。

しかし、自己配送の場合は自分で返品・返金の対応が必要です。

まず返品可否についてですが、Amazonのポリシー上、返品リクエストは原則的に受け入れなければいけません。

⇒ Amazonマーケットプレイス:返品・返金・キャンセル

返品リクエストに対応しないでいると、出品者評価が著しく下がるのでできるだけ早く対応しましょう。

ただし、期限については購入者が返品リクエストを送信したときに、
商品到着から30日以内にその通知が送信されたことを確認できたら
購入者都合による返品を承諾する必要があります。

購入者側が商品を返品する際にかかる送料は、次の通りです。

  • 購入者側の都合での返品→購入者
  • 出品者側の不手際による返品(商品違いなど)→出品者

もし購入者都合の返品なのに、着払いで返送された時は、着払い送料を差し引いて一部返金する事ができます。

返品前の準備

返品リクエストの処理の前、「セラーセントラル」→「出品用アカウント情報」→「返送先住所」から返送先の住所を設定しておいて下さい。

返品リクエストについてのAmazonヘルプページ

自己配送の場合、返品手順はあなたが自由に入力できます。

基本的には、

「返送ラベルを印刷して商品を返送して下さい。商品がこちらに到着し、状態を確認次第、返金、または交換手続きをさせて頂きます。」

という意味の文言で良いでしょう。

では、次からは返金の手順です。

返品リクエストが来る

購入者がAmazon上から返品リクエストの手続きをすると、Amazonセラーセントラルにその通知が来ます。

登録しているメールアドレスにも次のようなEメールが来ます。

mail

「返品リクエスト」右の数字をクリック

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

返品を承認する

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

商品の返送を求める場合

返送先住所を入力

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

今回は安い商品だった事もあり、返送料の負担で赤字が膨らむため、返送を求めずに返金します。

「返品リクエストを終了」をクリック

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

理由を選択して返品手続きを終了

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

以上です。

今回はその後返金手続きをしました。

参照:アマゾンマーケットプレイスの返金方法

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントは受け付けていません。

せどりツールランキング(スクロール可能)