【Amazon】 MWS認証トークンを取得・確認する方法

MWSトークンとは?

MWS認証トークンとは、外部ツールの開発者が出品者のアカウントにアクセスするときに使う認証情報です。

Amazon MWSに登録することで取得することができ、外部ツールを利用する際に出品者IDとともに必要になることがあります。

MWS認証トークンは、大口契約の出品者のみ利用できます。

なお、出品者IDの確認は以下の通りです。

https://sedori-labo.com/amazon-merchant-token

Amazon MWS とは?

Amazon MWSは、Amazonがビジネスアプリケーションの開発者に提供するAPIの総称です。

出品者は、このAPIを利用することで、Amazonとのデータのやりとりを自動化できます。

例えば、新しい注文データの取得や出荷通知データの送信など、日常的に行われる業務を、セラーセントラルにログインすることなく外部ツールなどを用いて実行することができます。

詳しい説明はAmazonの解説を引用しますが、上記のことさえわかっていれば問題ありません。

Amazon MWS とは?
AmazonマーケットプレイスWebサービス(Amazon MWS)は統合されたWebサービス API で、これにより出品者は出品、注文、支払い、レポートなどをプログラムでデータを交換することができます。Amazon とデータ統合することで、高レベルの販売自動化が可能となり、出品者がビジネスを成長させるのに役立ちます。Amazon MWSを使用することで、出品者は販売効率を高め、労働力を軽減し、カスタマーへの応答時間を改善することができます。

Amazon MWSに関連付けられる手数料はありませんが、Amazon MWS API を使用するには、Amazon MWSを利用するのに適した出品者アカウントを持っており、Amazon MWSに登録する必要があります。

Amazon MWSでできること
Amazon MWSにより、ご自身の Amazon 出品者アカウント用のアプリケーションを構築することができます。また、他の出品者のためにアプリケーションを構築し、彼らがオンラインビジネスを管理するのをサポートすることができます。Amazon MWSを使用すれば、販売用の商品を検索、出荷用の注文をダウンロード、配送の確認、レポートのスケジュール化やレポートの受信を可能にするアプリケーションを作成することができます。これらの API オペレーションには、REST のようなインターフェイスを使用してアクセスすることができます。

Amazon MWSには以下のような機能があります。
在庫管理 – 在庫品の一括アップロードを行なったり、商品を追加したり、在庫レベルを確認したり、また価格情報やその他の在庫管理タスクを調べることができます。
注文管理 – 注文情報をダウンロードし、支払いデータを取得して、注文を承認し、レポートのスケジュール化ができます。
レポートの管理 – さまざまなレポートをリクエストできるだけでなく、これらのレポートのステータスを問い合わせて(クエリして)ダウンロードすることができます。
フルフィルメント by Amazon(FBA)の出品者は、 Amazon MWSで以下の操作もおこなえます。
Amazon フルフィルメントセンターへの納品手続きを作成 – Amazon フルフィルメントセンターへ出荷するユニットのラベル作成プロセスを自動化することができます。
納品手続きのステータスを確認 – 発送した商品がフルフィルメントセンターに届けられたか、またその場合、納品の手続きが処理されたかどうかを確認することができます。
注文を発送 – Amazon MWSでシステムを統合することにより、カスタマーはいつでもマルチチャネルの出荷注文をすることができます。注文のプロセスまたはバッチに時間の遅れはありません。
商品の出荷リクエストの追跡と管理 – 注文された商品が Amazon フルフィルメントセンターを出た後は、その配送を追跡でき、カスタマーに配達日を知らせることができます。

MWS認証トークンを確認する方法

1.セラーセントラルにログイン後、画面右上の「設定」→「ユーザー権限」をクリック

ユーザー権限

2.「サードパーティの開発者およびアプリ」の「アプリ管理を表示」ボタンをクリック

3.確認したい開発者の「表示」をクリック

MWS認証トークン

4.MWS認証トークンを確認する

MWS認証トークン

新たにMWS認証トークンを取得する方法

1.セラーセントラルにログイン後、画面右上の「設定」→「ユーザー権限」をクリック

ユーザー権限

2.「サードパーティの開発者およびアプリ」の「アプリ管理を表示」ボタンをクリック

3.「新しい開発者に権限を不要」ボタンをクリック

4.開発者氏名と開発者IDを入力し、「次へ」をクリック(開発者氏名と開発者IDは使いたいツールの指定通りに入力)

5.2ヶ所にチェックを入れて「次へ」をクリック

 

 

 

 

6.MWS認証トークンが取得できました

mwsトークン

テキストのコピーはできません。