【Amazon】返品リクエストが来たときの対応はこう!

Amazonで、自己配送の商品を販売していると、お客様から返品リクエストが来ます。

Amazon側ですべて対応してくれるFBA商品と違って自分で対応する必要があります。

その方法を覚えておきましょう。

はじめに

FBA販売であれば、返金・返品の手続きは全てAmazonが行ってくれます。

しかし、自己配送の場合は自分で返品・返金の対応が必要です。

まず返品可否(返品を受け付けるかどうか)ですが、Amazonのポリシー上、商品到着から30日以内の返品リクエストは原則的に受け入れなければいけません。

⇒ Amazonマーケットプレイス:返品・返金・キャンセル

返品リクエストに対応しないでいると、出品者スコアが大きく下がります。

できるだけ早く対応しましょう。

購入者側が商品を返品する際にかかる送料負担は、次の通りです。

  • 購入者側の都合での返品(例:間違えて注文した)→購入者が送料を負担
  • 出品者側の不手際による返品(例:商品が破損していた)→出品者が送料を負担

もし購入者都合の返品なのに、着払いで返送された時は、着払い送料の分を差し引いて、一部のみ返金する事ができます。

返品前の準備

返品リクエストの処理の前、「セラーセントラル」→「出品用アカウント情報」→「返送先住所」から返送先の住所を設定しておいて下さい。

返品リクエストについてのAmazonヘルプページ

自己配送の場合、返品手順はあなたが自由に入力できます。

基本的には、

「返送ラベルを印刷して商品を返送して下さい。商品がこちらに到着し、その状態を確認次第、返金、または交換など適切な手続きをさせて頂きます。」

という意味の文言で良いでしょう。(実際に送る文章はもう少し丁寧に書き換えてくださいね。)

では、次からは返金の手順です。

返品リクエストが来る

購入者がAmazon上から返品リクエストの手続きをすると、Amazonセラーセントラルに通知が来ます。

登録しているメールアドレスにも次のようなEメールが来ます。

mail

「返品リクエスト」右の数字をクリック

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

返品リクエストを承認する

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

商品の返送を求める場合

返送先住所を入力

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

今回は安い商品だったので、返品送料をこちらが負担すると、余計に赤字が膨らむため、商品の返送を求めずに返金だけを行います。

「返品リクエストを終了」をクリック

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

今回の対応になった理由を選択して、返品手続きを終了

せどりブログ│ツールやアプリで仕入れてAmazonで売るやり方

以上です。今回はその後返金手続きをしました。

【Amazon】マーケットプレイスの返金方法
アマゾンマーケットプレイスで販売してると、返金が必要な場合があります。 そこで、返金手順を解説します。 キャンセルと返金はよく使う機能なのでぜひセットでマス...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました