【Amazon】出品を一時的に停止する方法

アマゾンマーケットプレイスに出品する事で、年中無休で販売を行う事ができます。

出品を停止したい場合の為に、一時的に出品を停止する方法を解説します。

出品を一時停止した方が良いケース

出品を停止すべきなのは、

  • 長期休暇を取る時
  • 棚卸しをする時

です。それぞれについて解説します。

長期休暇を取る時

従業員を雇って、交代のシフトを組んでいる場合を除いては、お盆や年末年始など、長期間休暇をとりたい場合があるかと思います。

その際、注文をずっと受け付けておくことも可能ですが、注文から2営業日以内に出荷通知を送信しなければ出荷遅延にカウントされてしまいます。

2営業日以上、発送対応ができない場合は、出品を停止しておいた方がベターです。

出荷遅延が増えると、顧客満足度指数というスコアが下がります。

低スコアが続くとアカウント審査(入金がストップ)や、最悪の場合アカウント削除などのペナルティがあるので、出荷遅延は減らすようにしましょう。

棚卸しをする時

在庫商品とAmazon上の在庫データを突き合わせる棚卸し作業の最中に、新たな注文や注文キャンセルが入ると非常にややこしくなります。

棚卸し作業中は出品を停止し一気に終わらせるのがおすすめです。

棚卸しが終わったら速やかに出品を再開して、販売機会を逃さないようにしましょう。

変更方法

  1. セラーセントラルログイン→「設定」→「出品用アカウント情報」
  2. 休止設定欄の→「編集」ボタンをクリック
  3. 「有効/停止中」を選択→保存
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました