【Amazon】代金引換とコンビニ払いに対応する設定

アマゾンマーケットプレイスでは、クレジットカード・アマゾンギフト券の他に、コンビニ決済(ATM・ネットバンクも含む)と代金引換も利用できます。

このうちコンビニ払い(ATM・ネットバンク払い)と、代金引換は設定しなければ利用できないので手順を解説します。

多彩な決済手段を提示する事が売上げアップに繋がる

Amazonの購入者には様々な方がいます。

私自身は常にクレジットカードで支払いを行いますが、ネットでの買い物は必ず代金引換という人もいます。

クレジットカードを持っていないので、コンビニ払いを選択する人もたくさんいます。

ですから、

代金引換やコンビニ払いに対応していなければ、多くの販売チャンスを逃してしまいます。

Amazonでは、設定ひとつでコンビニ払いと代金引換の決済手段を提供できるので、ご自身の状況に応じて設定しましょう。

なお、代金引換の場合は発送方法が通常と異なり、さらに配送会社からの代金回収に手数料がかかりますので導入には十分注意して下さい。(自己発送をする場合のみ)

代金引換に関する詳細はアマゾンのヘルプページにてご確認下さい。

代金引換に関して(アマゾンヘルプページ)

代金引換の利用は大口出品であることが条件で、かつAmazonが設ける基準を満たしている事が条件です。

代金の回収については配送会社から行う必要があるので、ご利用の配送会社のサービス内容・手数料体系をよくご確認下さい。

代金引換、コンビニ決済の設定手順

セラーセントラルログイン→「設定」→「出品者用アカウント情報」

アカウント情報

「支払い方法の設定(コンビニ払い / 代金引換)」→「有効or無効」を選択

代金引換とコンビニ決済の有効/無効を選択して「送信」

SKU単位で個別に設定する方法

SKU単位で個別に代金引換機能を無効にすることができます。

例えば、高額商品や、代引手数料を支払うと採算が取れないような薄利商品などです。

そういった商品で、SKU単位で代金引換やコンビニ決済を無効にする方法は次の通りです。

  • 商品登録ページの出品情報タブをクリック
  • オプションの支払い方法の設定のチェックボックスのチェックを外し、保存して終了

終わりに

私は現在FBAの商品のみコンビニ払い、代金引換の両方を可能にし、自己配送の商品は代金引換を不可としています。

理由は代金の回収手数料を払うと赤字になる商品がたくさんあるのと、発送作業の負担が増えて効率が下がるからです。

必要な決済手段は、ご自身のストアに合わせて柔軟に設定してください。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました