スポンサーリンク

【Amazon】コンビニ払いと代金引換を有効にすれば売上が大幅アップ!

アマゾンマーケットプレイスでは、クレジットカード・アマゾンギフト券の他に
コンビニ決済(ATM・ネットバンクも含む)と代金引換も利用できます。

このうちコンビニ払い(ATM・ネットバンク払い)と、
代金引換は設定しなければ利用できないので手順を解説します。

多彩な決済手段を提示する事が売上げアップに繋がる

アマゾンマーケットプレイスのお客様には様々な方がいます。

僕自身は常にクレジットカードで支払いを行いますが、
ネットでの買い物は必ず代金引換という方もいます。

また、学生などクレジットカードを持っていないので
コンビニ払いを選択するお客様もたくさんいます。

代金引換やコンビニ払いに対応していなければ、多くの販売チャンスを逃してしまうのです。

アマゾンマーケットプレイスでは、設定ひとつでコンビニ払いと
代金引換の決済手段を提供できるので、ご自身の状況に応じて設定しましょう。

なお、代金引換の場合は発送方法が通常と異なり、
さらに配送会社からの代金回収に手数料がかかりますので
導入には十分注意して下さい。

代金引換に関する詳細はアマゾンのヘルプページにてご確認下さい。

代金引換に関して(アマゾンヘルプページ)

また、代金引換の利用は大口出品であることが条件で、かつ
アマゾンが儲ける基準を満たしている事が条件です。

代金の回収については配送会社から行う必要があるので
ご利用の配送会社のサービス内容・手数料体系をよくご確認下さい。

設定の手順

1.セラーセントラルログイン→「設定」→「出品者用アカウント情報」

コンビニ払いと代引きを有効にする方法

2.支払い方法の設定→「編集」→「有効or無効」を選択

コンビニ払いと代引きを有効にする方法

終わりに

僕は現在FBAの商品のみコンビニ払い、代金引換の両方を可能にし、自己配送の商品は代金引換を不可としています。

理由は代金の回収手数料を払うと赤字になる商品がたくさんあるのと、発送作業の負担が増えて効率が下がるからです。

必要な決済手段は、取り扱っている商材のジャンルや価格帯、配送会社との契約状況・FBAメイン・自己配送メインなどの発送体制によって変わるのでご自身のストアに合わせた決済手段を取り入れて下さい。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントは受け付けていません。