ゲームせどりの特徴【メリット・デメリット】

medium_7439512656

本・CD・DVDに次いでメジャーなジャンルがゲームせどりです。

当記事ではゲームせどりについてまとめます。

動画解説


720pの高画質再生・倍速再生は再生後に動画右下の歯車マークから変更できます。

ゲームせどり

ゲームせどりは以下に大別されます。

  • 新品ゲームソフトせどり
  • 中古ゲームソフトせどり
  • 新品ゲーム機本体せどり
  • 中古ゲーム機本体せどり
  • 新品ゲーム周辺機器せどり
  • 中古ゲーム周辺機器せどり
  • ジャンクゲームせどり

一番ポピュラーなのはゲームソフトせどりですが、ゲーム機本体や周辺機器を
取り入れる事でライバルがかなり減ります。

ゲームせどりのメリット

ゲームせどりには多くのメリットがあります。

  • 商品の回転が速い
  • 軽くかさばらない商品が多い
  • 手数料が安い
  • 商品の種類が少なく、リスト化が容易
  • 最安値でなくても売れる
  • ライバルが少ない

以下それぞれについて補足します。

商品の回転が速い

ゲームは非常に売れやすく、商品の回転が速いです。

理由として、ゲームはレンタルできない事が挙げられます。

価格設定にもよりますが、ある程度の高ランキング商品のみを取り扱えば
1ヶ月以内に全て売り切る事も可能です。

実際に月間在庫回転率が90%を超えているゲーム専門のせどらーを
複数知っているので、十分可能です。

軽くかさばらない商品が多い

ゲームソフトは大抵DVDやブルーレイのディスクですし、
ニンテンドーDSなどのカセットロムはさらに小さく軽いです。

FBAであれば特に問題がないのですが、自己配送を行おうと考えると
在庫の保管スペースは無視できない問題ですから、スペースを圧迫しない
ゲームは重宝します。

  • 車がない
  • マンションの高層階に住んでいる

など、重い商品を扱えない方にもゲームせどりは適しています。

手数料が安い

アマゾンマーケットプレイスでは、ゲームのカテゴリー手数料が無料です。

カテゴリー手数料は

  • 本・・・60円
  • CD・・・140円
  • DVD・・・140円
  • ゲーム・・・0円

とメディア商品の中では明らかにゲームが優遇されています。

さらに、ゲームの販売手数料は販売価格の15%ですが、ゲーム機本体に至っては
販売手数料が8%に減額されています。

ゲームせどりは販売単価が大きいので、7%の違いはかなり大きいです。

販売価格5,000円のゲーム機本体とゲームソフトでは350円、
販売価格10,000円のゲーム機本体とゲームソフトでは700円も利益が変わります。

商品の数が少なく、リスト化が容易

ゲームは次々に新作が公開されるジャンルではないため、商品の種類が少ないです。

また、その中でも差益が取れる商品は限られているので、リストが力を発揮します。

リストは一度自分の手で作成してしまえば後はずっと使い回せます。

最安値でなくても売れる

ゲームは付属品欠品やキズによって「可」が最安値の場合がほとんどです。

ですから、

付属品が完備している場合はもっと高くで出品しても十分に売れます。

最安値だけしか見ていなければ、美味しい商品を見落としてしまうので
注意が必要です。

ライバルが少ない

ゲームせどりはある程度お金が必要なので、お金がない人は参入できません。

よって本やCD・DVDと比べるとライバルがかなり少ないです。

ゲームせどりのデメリット

ゲームせどりのデメリットは次の通りです。

  • 店舗に価格対策されやすい
  • 動作不良がある
  • 検品や出品に手間がかかる
  • お金がかかる
  • クレームが多い

店舗に価格対策されやすい

ゲームは商品数が少ないことから、店舗側にとっても管理しやすい商材です。

Amazonの相場に合わせて値付けをされてしまえば、どれだけ探しても
差益の取れる商品は見つからなくなってしまいます。

値付けは店舗によって異なりますから、値付けの甘い店舗を見つけることが
ゲームせどり成功のポイントです。

初期動作不良がある

ゲームは新品であっても、稀に動作不良があります。
当然中古であればそのリスクも増大します。

販売店で買取時に動作確認している場合がほとんどですが、
いい加減な店では確認していない場合もあります。

初期不良の商品を仕入れて売ってしまえば当然クレームになりますし、
返品されても再度販売できないため丸損です。

購入するまで動作確認できないので、一定の割合で起こるものとして
リスクを織り込んでおく必要があります。

商品知識がいる

ゲームは商品により海外版や、ベスト盤、特典付き初回盤などバリエーションが
ある場合があります。

知らずに仕入れてしまうと思ったより安くでしか売れなかった、というケースも
あるので注意が必要です。

検品や出品に手間がかかる

ゲームは検品や出品に手間がかかります。

  • ケースのキズチェック
  • 盤面キズチェック
  • 動作確認チェック
  • 付属品(説明書など)チェック
  • 動作確認

など検品工程が多いです。

さらに付属品は商品ごとに何がついているか変わるため、
出品コメントもそれに合わせて個別に書かなければなりません。

商品数は少ないですが、1点1点に手間がかかるので、マニュアル化にも向きません。

検品が面倒であれば、代行業者に任せるか、新品のみを扱うことで回避できます。

ただしその分お金が多くかかります。

お金がかかる

ゲームは安い商材ではありません。仕入れ価格は1000円を超えることがほとんどで、
3000円程度で普通、5000円を超える商品もどんどん扱う必要があります。

資金やクレジットカードの限度額に余裕がなければ仕入れることができません。

ゲームせどりの専業になると、1ヶ月の仕入れは100万円をゆうに超えます。
副業であっても、最低クレジットカードの限度額が30万円~50万円くらいはないと厳しいでしょう。

ですがその分お金がない人は参入できず、ライバルが少ないとも言えます。

クレームが多い

ゲームはこわれものですから、クレームが多いです。

さらに販売価格が高いことから購入者の目も厳しく、
Amazonで3(普通)の評価をもらいやすいです。

ご存知のように、評価3はAmazonではマイナス扱いなので評価率が下がります。

序盤に悪い評価がつくと全然売れなくなるので、評価を100件程度貯めるまでが
非常に辛いです。

状態が悪い商品はヤフオクで販売するのも一つの方法です。

まとめ

このようにゲームせどりにはメリットもデメリットもたくさんあります。

ですが、「売れやすい」というメリットは、全てのデメリットを打ち消すほど
魅力的ですから、恐れずに取り組んで欲しいです。

なお、ゲームせどりは組織化しにくいので、どちらかというと1人で行う方向けです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

photo credit: JD Hancock via photopin cc

コメントは受け付けていません。

せどりツールランキング(スクロール可能)