スポンサーリンク

せどりに必要な消耗品14種類を解説

せどりには様々な消耗品が必要となります。

安くて良い物を選んで経費を押さえ、かつ使いやすい物を揃えて作業効率を上げましょう

梱包関係

コピー用紙

商品を梱包する際、納品書を同封する必要があるためコピー用紙を使います。

ケースで買った方が安いのでネットで探しましょう。

僕がいつも使っているのはこれです。

インク

納品書を印刷するのでインクが必要です。

僕の場合、以前はエプソンのプリンタを使っていたので互換インクを買っていましたが、
今はブラザーのプリンタに変えたので純正インクを使っています。

ブラザーは純正のインクが安いのでおすすめです。

ちなみに、互換インクは純正インクより安いですが、減るのがメチャクチャ早く、意外と節約になりません。

クリスタルパック

商品を雨濡れから守るために、クリスタルパックに入れて防水措置を行います。

必須ではありませんが、なにかしらの防水対策がされていないと低評価が付きやすいです。

クリスタルパックはOPP袋のワークアップというストアをいつも使っています。

大きさが微妙なときはサンプルも貰えるので超おすすめです。

OPP袋のワークアップ

緩衝材(エアーキャップなど)

商品がこわれものの場合は、破損防止のためにエアーキャップ(プチプチ)や紙を丸めたもの等の緩衝材で防護します。

低評価を避けるために必ず行いましょう。

本など、こわれものでない場合は不要です。

プチプチは川上産業のものが最高です。品揃えが豊富なので必要な量や大きさを選んで購入できます。

封筒

封筒に入る商品の場合は、封筒に梱包するのが安上がりです。

僕が使っているCOCO封筒屋はテープ付きが安いのでおすすめです。

テープのあるなしで作業効率が格段に変わります。

大きさも各種取りそろえており、まとめて買えるので重宝しています。

CDやDVDを送る場合は、プチプチが中に付いた「クッション封筒」も便利です。

ダンボール

大きな商品の場合はダンボールに梱包するのが基本です。

ネットで買い物した時に出たダンボールや、スーパーでもらってきてもよいですが、汚い箱だとクレームがになるのでできれば新品を使いましょう、

ダンボールは意外とロハコが安いです。オフィス用品のアスクルが母体なのですぐ届きます。

 

透明テープ

封筒やダンボールを閉じるには透明テープを使いましょう。

アマゾンや他のネットショップで買い物をしてみると分かりますが
ほとんどのショップがガムテープではなく透明テープを使っています。

ガムテープを使うと見た目が汚くなるので、クレームの元です。

透明デープもロハコが安いのでダンボールと一緒に買っています。

 

ちなみに、100均のテープはペラペラで割けてしまうので作業が遅くなります。おすすめしません。

ラベルシール

FBAに商品を納品する時や、宛名をラベルシールに印字したい場合は必要です。

ラベルシールには、貼ってはがせるものと、そうでない物の2種類があります。

商品に直接貼る場合は必ずはがせるシールを使います。

<はがせるシール>

これが一番いいのですが、高いことと40面のが無いので数が必要な時は次のラベルです。

同じシリーズで24面もあります。

<はがせないシール>

クリスタルパックやビニールパッキングの上から貼る場合は安いもので十分です。

クリーニング関係

シールはがし液

仕入れてきた商品から値札シールをはがすために使います。

手ではがすのは手間がかかる上に、破れたりノリが残ってベタベタになりクレームに繋がります。

シールはがし液は揮発性の高い溶剤ですので、使用時は換気して下さい。

喫煙者の方は特に注意が必要です。

このシールはがしは臭いも少なく、シールへの浸透も良いのでキレイにとれます。

タオルなどの布

商品が汚れている場合は、上のシールはがし液を伸ばしてタオルで拭き取ります。

油性マジックで名前が書いてある古本でもこの方法で落とせます。

紙やすり

本を扱う場合は、側面のヤケを研磨した方がベターです。

研磨することによって「良い」を「非常に良い」に変えることができ、
高く売れるようになります。

消しゴム

鉛筆による書き込みを消します。

ただし数が多いようであれば、商品コメントで書き込みがある旨を説明して
そのまま出品したほうが良いです。

交換用ケース

CDやDVDなどはケース交換する事で売りやすくなります。

コストと天秤にかけて検討してください。

ディスク研磨剤

ディスクも研磨する事で売りやすくなります。こちらは手間と天秤にかけて
検討してください。

最後に

消耗品は見落としがちですが、積もり積もると結構な額になります。

経費を削減できればその分はあなたの利益になるので
なるべく安く、かつ便利なものを探しましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

error: Content is protected !!