スポンサーリンク

【古本せどり】仕入れランキングの基準を徹底解説

本仕入れランキング基準

今回は古本せどりの肝となる仕入れの中で僕が推奨しているランキング基準を解説します。

スポンサーリンク

ランキングは絶対ではない

のっけからこんなことを言うと「何じゃそら」と思うかもしれませんが、
ランキングは絶対的な仕入れ基準にはなりなません。

ランキングが低くても出品者が少ない商品なら売れますし、見た目のランキングに引きずられると痛い目をみます。

仕入れる、仕入れないの判断というのは、資金量や、目標としている商品回転率によって全く異なるので正解はありません。

あなたの資金力、ストアとしての販売戦略をまず確認する必要があります。

僕のランキング基準は一出品者の例、と捉えてください。

では、前提をご理解いただいた上で読み進めて下さい。

古本せどりのランキング基準

古本せどりのランキング基準は以下のとおりです。

  • 仕入額500円以下・・・ランキング40万位以内
  • 仕入額500円以上1000円未満・・ランキング20万位以内
  • 仕入額1000円以上・・・ランキング15万位以内

基本的には45日以内に売り切る事を想定して上記のランキング基準としています。

ただし、評価が少ない(100件未満)の場合はランキングが低い商品を出品してもなかなか売れないので、30万位以内を中心として下さい。

仕入額500円以下であれば、ブックオフやその他チェーン店の定額商品とプロパー商品の半額セールなどはほとんどが対象になります。

ぜひブックオフだけでなく様々な店舗でリサーチをしてあなただけの美味しい仕入れ場所を開拓しましょう。

1000円以上の仕入れとなるのは、辞書や資料、古書関連になるので一般的にはあまり扱わないかと思います。

ただ、ライバルは圧倒的に少ないので資金に余裕がある場合はぜひ狙って欲しいジャンルです。

こちらはブックオフだけでなく個人経営の古本屋などでも十分に仕入れることができます。

基本的に、仕入額が上がれば上がるほど、ライバルは少なくなり仕入れやすくなります。

まとめ

本は仕入額が安いので、どんどん仕入れてどんどん売っていく戦略が基本です。

ある程度在庫量がなければ次のようなデメリットがあるので積極的に仕入れを行って下さい。

  • 毎月の売上が安定しない
  • 評価が集まらず、売れにくいままになる
  • 商品知識がつかない
  • 配送会社との運賃交渉ができない

それでは、ランキング基準を頭に入れたら店舗に仕入れに行ってぜひ試してみましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

仕入れ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
れいじ

物販7年目。中古/新品、在庫/無在庫、国内/海外など手法にとらわれずにオールジャンルで展開。法人化し、現在は物販に加えて、情報発信やウェブ制作、コンサルティングなど事業を拡大中。

れいじをフォローする
せどりブログはせどラボドットコム
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました