スポンサーリンク

【Amazon】在庫管理画面の表示項目をカスタマイズする方法

アマゾンセラーセントラルの在庫管理画面では、在庫商品の情報を一覧で見る事ができます。

デフォルトの表示項目をカスタマイズして、より便利に使う方法を解説します。

カスタマイズできる主な項目

  • 最低価格の基準
  • 1ページあたりの表示商品数
  • 価格改定ミスのエラー検出
  • 列に表示する項目
  • 出品者SKU
  • 出品ID
  • ASIN/ISBN
  • 出品情報作成日
  • 出品開始日
  • 入出荷作業中
  • 手数料見積り額
  • カートボックス価格
  • 最低価格
  • 出品価格の下限
  • 出品価格の上限

FBAを主に使っているならカートボックス価格を表示しておくと便利ですね。

また全体の項目数が少ないと、古い商品を表示するのに何回もページを送らなければならないので、表示数は最大の250件をおすすめします。

スマートフォンの場合は処理が重くなるので50件か100件がおすすめです。

カスタマイズ方法

セラーセントラルにログイン→「在庫」→「在庫管理」→「設定」

在庫管理画面カスタマイズ

表示する情報をカスタマイズ→「保存」

在庫管理画面の表示項目をカスタマイズする方法

注意点

あまりにたくさんの情報を表示させても見にくくなりますし、データが重くなって作業効率が落ちます。

あくまでご自身が必要な情報のみ表示させる事をお勧めします。

各項目はいつでも「表示/非表示」を変更できます。

Amazon
スポンサーリンク
この記事を書いた人
れいじ

物販7年目。中古/新品、在庫/無在庫、国内/海外など手法にとらわれずにオールジャンルで展開。法人化し、現在は物販に加えて、情報発信やウェブ制作、コンサルティングなど事業を拡大中。

れいじをフォローする
れいじをフォローする
せどりブログはせどラボドットコム
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました