せどりツールランキング(スクロール可能)

【Amazon】大口出品と小口出品の違いと変更方法

アマゾンマーケットプレイスの出店形態は、大口出品と小口出品の2種類あります。

どのような場合に変更すべきか、また変更方法を解説します。

大口出品と小口出品の違い

アマゾンマーケットプレイスの手数料

一番大きな違いは手数料です。

大口出品の場合は月額4,900円の出店料がかかりますが、小口出品の場合は出店料が無料です。

しかし、小口出品の場合は商品が売れた時に1点100円の基本成約手数料が徴収されます。

大口出品の場合は基本制約手数料は無料です。

よって、1ヶ月に50商品以上を販売する場合は大口出品の方がお得になります。

ビジネスレポートの利用可否

アマゾンセラーセントラルでは、販売履歴やアクセス数など、様々なデータを『ビジネスレポート』という形で提供してくれます。

大口出品ではこのビジネスレポートが利用可能です。

小口出品はビジネスレポートを利用することはできません。

非常に有益な情報が手に入りますし、ビジネスレポートで提供されるレベルのデータを個人で作成しようとすると莫大なコストがかかるので、これを月額4,900円で使えるのは破格です。

ビジネスレポートだけでも月額4,900円の価値は十分にあります。

ビジネスレポート

ビジネスレポート

各種の外部ツールへの対応可否

Amazon販売を本格的に行う場合、リサーチツール・出品ツール・価格改定ツールなど、様々なツールやサービスを利用する必要があります。

これらのツール・サービスのほとんどは大口出品でないと使えない仕様のため、ツールを使いたい場合は大口出品にする必要があります。

小口から大口に変えるべきタイミング

  • 月間販売数が50件を上回る見込みの時
  • ビジネスレポートを利用したい時
  • せどりツールを利用したい時

大口から小口に変えるべき時

  • 月間取引回数が50件を下回る時(長期休業など)

変更方法

セラーセントラルログイン→「設定」→「出品者アカウント情報]

アマゾンセラーセントラル

 

「出品形態」→「小口出品(大口出品)に変更」

アマゾンセラーセントラル

以上で変更は完了です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントは受け付けていません。

せどりツールランキング(スクロール可能)